「学習院」はネットストーカーの名門!? ―私の個人情報を「晒す」学生たち―

どうやら私はネット上での”ファン”が多いようで、個人情報を拡散されたり写真を盗撮されて投稿されたりと、もはや”ネットストーカー”の被害に遭っている。アイドルにでもなった気分だ。

そしてそのネットストーカーを”逆探知”してみると、学習院大学の学生やOB・OGが多い。中には「初等科(小学校)から学習院」という 重課金勢の廃人 生粋の学習院関係者すらいるほどだ。

 

  • K.R.氏

学習院大学 法学部法学科を2017年3月に卒業、大学在学中は国際政治研究会で副委員長を務めていたようだ。
生年月日は1993年9月25日。東京都目黒区出身、愛知県名古屋市在住。

初等科から学習院、17年間学習院に所属したという。6(初等科)+3(中等科)+3(高等科)+4(大学)=16だから、いずれかのタイミングで1年分の追加パックを購入したのだろう。勇ましい発言と個人情報の拡散が得意。

  • T.Y.氏

学習院大学 法学部法学科を2016年3月に卒業。何かあるたびに相手を見下すのが特徴。
生年月日は1993年11月16日。埼玉県戸田市出身、埼玉県さいたま市在住。

初等科から学習院のようだ。

https://twitter.com/tunoyoshi/status/875293098594549761

金融業界、それも「営業力が落ちている」証券会社に就職しているようだ。

https://twitter.com/tunoyoshi/status/849475069319446529

https://twitter.com/tunoyoshi/status/826730041853648896

 

https://twitter.com/tunoyoshi/status/824746474370064384

この時期に社長が交代した証券会社というと、D証券が印象的だ。大手証券会社5社のうち、「独立系」とされるD証券だ。

フィナンシャル・グループ(FG)に属する「銀行系」証券会社は系列の銀行や信託銀行の営業チャネルを活用することができるほか、FGの資金力を背景にできるので「営業力がある」とされ、実際に私の知るD証券OGも「メガバンクの営業力と資金力には何度も泣かされた」と語っていた。

一方で「独立系」証券会社はFGの意向に左右されず、自社のイニシアチブを発揮できる一方で、銀行の販売チャネルは使えない。しかしM&Aを始めとする投資銀行業務においては「銀行系」にありがちな「しがらみ(メインバンク制など)」にとらわれずに柔軟性を発揮できるのも「独立系」の強みだ。
実際に国内証券会社の筆頭といえばN證券で、N證券といえば「営業力に強みを持つ」とされる。例えば支店のリテール営業担当は近隣の富裕層や資産家に、果たし状を彷彿とさせる「巻物」を送付する、 ぶっ飛んだ 特徴的な営業活動が有名だ。

そういえばN證券OGはN證券での勤務を「ゴミ箱が飛んでくる」環境だったと嘆いていたが、D証券OBは「かつては殴られるのが当たり前だったが、今ではパワーハラスメントの噂が立っただけで上司が左遷される」と語っていた。ハラスメントは是認できないにせよ、N證券の営業力が「ゴリゴリの体育会系気質」を土台としているとされることもあると鑑みると、D証券の営業力は確かに落ちているのかもしれない。

  • K.S.氏

学習院大学 国際社会科学部国際社会科学科を2020年に卒業(予定)。2016年に横浜市立桜丘高等学校、2013年に横浜市立樽町中学校をそれぞれ卒業しているので、上記の3名とは経歴が異なる。

2017年8月から同年12月までカリフォルニア州立大学 サンマルコス校に留学(予定)。相手をストーカーに仕立て上げて誹謗中傷することが得意。
ドイツクラブの女子メンバー2名を「竿姉妹」にした張本人。
ちなみにInternational Economicsの出席回数は12回。当該授業は出席回数が9回未満だと試験結果に関わらず「不可」となるそうだ。出席回数を理由に単位を落としていないものの、どうやら「円安」と「円高」の違いが理解できない程度の知能のようだ。

(参考) Twitter

 

実際には他にも私をネットストーキングしてきた学生は多いのだが、ひとまず代表的なものを挙げてみた。ここまでネットストーカーが多いと、もはや学習院大学は「ネットストーカーの名門」とでも言わざるをえない。

もちろん、ほとんどの学習院大学学生は該当しないことだろう。しかし、私が多くの学習院大学学生にネットストーキング被害を受けたことは確かであり「学習院」とはそのような学校であるということだ。

「学習院」はネットストーカーの名門!? ―私の個人情報を「晒す」学生たち―」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。