再履修者の一覧を学生に共有!?/学習院大学の「ずさんな個人情報管理」の実態(4)

学生名簿や奨学金受給者リストに引き続き、学習院大学では信じられない資料が学生たちに配布されている。これも「再履修者リスト」だ。

国際社会科学部の学生を対象に、「Moodle」と呼ばれるサイトで共有された資料を見てみよう。

2年生再履発表用リスト

国際社会科学部の必修科目が「再履修」になった学生の一覧だ。確かに氏名は公表されていないものの、この資料とは別に掲示されている資料で「学籍番号と氏名の対応」が一覧できることから、どの学生が再履修になったのかは容易に確認できる。

果たして、「再履修になった学生の学籍番号」を容易に調べられる形式で共有することは個人情報やプライバシーなどの観点から適切と言えるだろうか。

 

やはり学習院大学の個人情報保護に対する姿勢を根底から疑わざるを得ない。

E-mailやポータルサイト「G-Port」のほか、国際社会科学部には「Moodle」などの連絡手段があるのだから、再履修などの連絡はそれらを個別に用いれば良いのではないだろうか。個人情報保護に対する大学の姿勢として、これは明らかに不適切だろう。

 

もっとも、学習院大学では「個人情報の拡散」が許されるようなので、この程度は「序の口」なのかもしれない。