【ハラスメント】学習院大応援団:「先輩やOB・OGの酒は全部飲まなければならなかった」関係者が証言

同部関係者の証言によると学習院大学応援団で「ハラスメント」と「違法行為」が発生している。

学習院大学応援団の証言では「先輩やOB・OGの酒はすべて飲まなければならない」などの「アルコールハラスメント」の実態が判明している。

また、同関係者は「未成年でも関係なく飲まなければならなかった」とも証言しており、同部が未成年者飲酒禁止法に違反していることも明白だ。

スクリーンショット 2018-08-20 17.45.08.png

学習院大学応援団OBには「ヒゲの殿下」の愛称で親しまれた寛仁親王も在籍していた。なお、寛仁親王はテレビ朝日系列『徹子の部屋』に出演した際、「高校1年生あたりからタバコを喫煙し、飲酒に至ってはさらに若い頃から始めていた」と述べたとされている。

未成年者飲酒禁止法や未成年者喫煙禁止法は皇族とて例外ではない。そのような違法行為をテレビで自慢するような人物を輩出しているという意味でも、同部や学習院大学のコンプライアンスやガバナンスは著しく杜撰であると言わざるを得ない。